OSHO禅✡今日の一枚

OSHO禅タロットカード✡水 感情

OSHO禅タロットカード✡水 感情


奈良 大阪 気づきをうながす占いセラピスト
ますいゆか

 

OSHO禅タロットカード✡水 感情

◆◆◆OSHO禅タロットカードの解説をエピソードを添えながら、私の感じたことも交えてご紹介しています。

随時更新していきます!◆◆◆

水 キング HEALING 癒し ヒーリング
水 クイーン RECEPTIVITY 受容性
水ナイト TRUST 信頼

水ナイト TRUST 信頼

image

このカードに描かれているのは、バンジージャンプをしている瞬間の一場面です。
紐が無いバンジージャンプです。
考えるだけでも怖ろしいシーンですが、この人は全然怖がっていません。
何故なら自分を信頼しているから。
だから何の準備もせずに思い切りジャンプが出来ています。
ジャンプすればどうなるとか、そんなことは考えていません。
途中で失速してしまったら…なんて心配もしていません。
ただ自分を信頼してジャンプすれば、必ずこの先の綺麗なピンク色のところで自分を受け入れてくれると信じているから。

今こそ自分を信頼をして、自分を信じて思い切って飛んでみましょう。
自分へのマイナスイメージを捨て去って、自分に自信を持って目標へと向かいましょう。
そこに安全対策なんて必要ありません 。

何かを始める時って、怖くて恐ろしくて・・・、やってみたい気持ちはあるのだけれど・・・。

こんな時って現状維持することが一番楽な選択ですよね!
しかし、このカードが出たなら何も考えないで始めてみることです。

それには自分自身を信頼することが必要です。
『私にはできる!』
これを信じないと何も始まりません。
自分自身の応援団長は自分ですからね。
確信のない自信でも構いません。

このカードは、自分自身を信じて、自分から飛び込んでいく!
そこには安全策や心配なんかは必要ありません。
必ず上手くいくんですから!

信じてやってみましょう。

私は最近迷っていたことがあって、その時引いたアドバイスカードが『信頼』でした。
やるっきゃないでしょう~!(^^)!
このカードを見た時、怖さもなくなりました。
自分自身を信じることが大切ですからね!

しっかり始めましたよ。
新しい自分への挑戦です(*^^)v

 

水ペイジ UNDERSTANDING 理解

水 ペイジ UNDERSTANDING 理解

image

このカードには、鳥籠の外側で自由に飛んでいる鳥たちを見ている一羽の鳥が描かれています。
この鳥は鳥籠から出ることはできないと思い込んでいます。
鳥籠から離れることは怖いことと感じているようです。
しかし、向こう側の鳥たちとの間を遮っている鳥籠の柵は、仲間に入れないと思い込んでいる自分の思考が勝手に作り出しています。
「出られない」とか「怖い」といった、いろんな制限も自分が作り出しています。
あなたは安心や安全安定のために、自分の能力や自由を思考で封印していませんか?
出来ないと思い込んでいる…そこに気付くこと!
そして、扉が開いていることを理解しましょう。
「飛びなさい!」ではなく、自分に行動を起こさないように制限しているのは自分自身だと、先ずは理解して気づきましょう。
もう準備は出来ているはずですよ!

誰でも皆、いろんなやりたいことたくさんありますよね。
テレビや雑誌や誰かのブログ、友人からの情報など…、憧れやうらやましさはあっても実際にはなかなか行動に移せないものです。

『だって私には無理』
『知識もなければ周囲の反対もあるし、何より経済的にも苦しいし…。』

といった感じで諦めていませんか!?
知識なんてものは努力すればいくらでも習得できます。
頑張るあなたを本当に周りの方は引き止めますか?
何かの役に立てるなら、先行投資と思えばお金なんて何とかなるものです。

このカードには、自分の思い込みでつくった柵から出られないと諦めているあなたが描かれています!
あなたを閉じ込めている鳥籠…、『そんなものは無い!』と気づくことが大切です。
柵なんて無いって理解ができたら、飛べますよね!


水2 FRIENDLINESS 親しさ

水 3 CELEBRATION 祝祭
水 4 TURNING IN 内側に向かう
水 5 CLINGING TO THE PAST 過去への執着
 水 5  CLINGING TO THE PAST  過去への執着

image

このカードには、ぼろぼろの洋服を身に纏って箱を被っている女性が描かれています。
背景のピカピカのグラスには気づいていません。
だって、頭を箱に入れていると周りは見えないですよね。

これは終わった出来事にしがみついて、いつまでも過去を引きずっている様子です。

過去の想いに執着していると、今の良い出来事に気づけませんよ!
あなたが大切にしてる過去の気持ちは、今のあなたの役には立ちません。
過去は過ぎ去ったものです。
過去のマイナスな気持ちとはさよならしましょう!
そして現在のキラキラしている出来事に気づきましょう。

過去の栄光にしがみついている人っていますよね!
私もついやってしまいます。
「あの頃は良かったなぁ~」
なんて(^^;
聞かされている人は辛いものです。

こんな時って、自分の足りないところばかり気になってしまいます。
箱を被ってしまっているから、今の良いところが見えていないんですね。

過去の良い思い出は今の自分には何の役にも立たないし、みすぼらしくさえみえてしまいます。

時間はどんどん過ぎて状況は変化しています。
過去ではなく未来をみて今を楽しみましょう!
今はネガティブな感情は必要ないですよ。

 

水 6 DREAM 夢
水7 PROJECTIONS 投影
水8 LETTING GO 手放し

8   LETTING GO   手放し

image
蓮の葉から一滴の雫が落ち、池には水の波紋が広がっています。
雫は蓮の葉の上にいることがとても心地良いのですが、重力に任せてやがて葉から滑り落ちてしまいます。
このカードの意味は、今の居心地の良い場所にしがみつこうとせず、どんな想いも受け入れて次のステージへ進む時期がきていると伝えています。
雫が重力に任せて池に落ちたとき、水面には大きな波紋が広がります。
そして、雫は池の水と溶け合い、より広い世界で動き始めます 新しい世界を受け入れることで、より大きな世界があなたを待っています。
何かが終わって何かが完結していることが確認され、今それを手放す時です。
自分のエゴや思考は必要ありません。
流れに任せて未知の世界に行くと、思わぬ世界が広がるでしょう。
今が手放す時です。

このカードは自然の流れに任せて次のステージへ進むことを促しています。
今居るところは決して悪くはない!
だからこそ離れたくない気持ちもわかります。
しかし、このカードが出た時には何も考えずに流れに任せてこの場を離れましょう。
今の安全な場所から未知の世界へ移るときって、誰でも怖いし勇気がいるものです。
しかし、特別何かをしないといけないわけではありません。
大きな流れに逆らわずに、余計なことは考えずに、成るようになると心を決めて流されましょう。
すると、今まで経験したことのない新しい世界が広がります。
そして、今以上に楽に動き回れるようになりますよ。

私は結構人見知りなもので…、新しい環境は苦手です。
ですからあまり環境は変えたくないんです。
でも、最近分かってきたのは、自然の成り行きに任せて無理しないで出会う出来事は、必ず自分自身の成長に結びついています。
安全で快適なところに居るだけでは、得るものは少ないのかもしれません。
何も考えないで、
『これはやるべきなんだろうな。』
と感じた時は流れに任せてみます。
すると思いがけない結果が出たり世界が広がったりと、楽しいことが続くようです。
というか、楽しいと感じられています。

あなたも新しい世界へと流されてみましょ~!

 

水9 LAZINESS 怠惰
水10 HARMONY ハーモニー
水Ace GOING WITH THE FLOW 流れと共に行く

水 Ace GOING WITH THE FLOW 流れと共に行く

image

このカードの人物は、水の中でくつろぎながら楽にして流れに身を任せています。
今あなたは、進むべき道の流れの中にいます。
進みたい方向とか先のことを考えるのではなく、今は受け身で流されてみましょう。
逆らわないで流れているといずれ大海にたどり着きます。

頑張らなくてもいいんです。
何もしなくてもゴールに向かっているんですから。

今はそのまま身を委ねて流されてみましょう。

頑張ったり、我慢したり、努力したりすることって意外と簡単かもしれませんね。
自分の経験を使って、何となくこうすればこうなるだろうなぁ~と思えるから。

しかし誰かに委ねるとなると、自分の意志は通じません。
選択肢はなくなります。
何もしなくていいというのは、とても苦しいことかもしれませんね。

しかし、このカードが出たならば、身を委ねることが今のあなたに一番必要なことです。
相手や周りを信頼して、身を任せてみましょう。
すると大きな流れであなたを導いてくれるはずですよ!

信頼して身を任すことが、何よりの愛情表現なのかもしれませんね。

 

 

ご案内

 

占いは未来を予測するものではなく、あなた自身を見つめなおすためのヒントを与えてくれます。
◆あなたが幸せでいると、まわりの人も幸せでいられます◆

『今ここ!』を自分らしく生きるため、夢に向かって進むあなたの背中を押すお手伝いをさせていただきます♡

 

セッションメニュー

講座メニュー

ご予約・お問合せ